トラブル!?「公道」と「私道」の画像

トラブル!?「公道」と「私道」

不動産コラム

こんにちは!つるハウスの岩間です。

最近はコロナウイルスの影響で、

外出せずに家で読書をすることが増えました。

皆さんは何をして過ごされていますか??

本日は家を建てる・売る際、規制になる

「公道」「私道」

についてまとめてみました。

皆さんは道路には大きく分けて2種類ある事を

ご存じでしょうか?

① 「公道」と「私道」の違い

「公道」・・・国や自治体が所有している道路

「私道」・・・個人や団体等が所有している道路

しかし、「公道」「私道」も大切ですが、

一番重要なのは、「建築基準法の道路」が重要です。

建築基準法上、建築物の敷地は

「幅員4m以上の道路に2m以上接しなければならない」

と定められています。

「接道義務」

例外

「建築基準法42条第2項道路」

・・・ある一定の要件を満たす道路であれば、幅員が4m以上なくてもよい。

但し、セットバック必須(原則中心線から2m、)等

② 私道パターンと私道の所有者について



上記の写真の「私道」は誰が所有者なのでしょうか?

①地主
②土地を購入した人々の共有名義
③土地を購入した人々で私道を分筆して持ち合う
(下記図参照)
          


*黄色の部分が道路

(他の所有者と関係が悪化しても、不利を被らないように、

牽制の意味合いも込めてバラバラに持たせることが多い)

③「私道負担」とは?

不動産の広告で「私道負担」という言葉を

見かけたことはないでしょうか?

私道負担とは、

「接道義務(4m以上)」を果たすための私道を負担することです。


また、「私道」には固定資産税がかかります。

④「私道」のデメリット

・道路や水道などのインフラ整備の負担が必要なケースがある。

・土地を売買する際「私道持ち主」全員の許可が必要。

・私道所有者とトラブルになるケースもある。

必ずしも「私道」は悪というわけではありませんが、

安易に何も確認もせず買ってしまうと後々トラブルになります⚠

神奈川県は、他の件に比べ私道も多い土地ですので、

しっかりと専門家に相談し、より良い「暮らし」を手に入れてください。









弊社は戸塚区・泉区・栄区に特化した不動産会社です。

土地柄を把握したスタッフが皆様の暮らしをサポート致します。




”不動産コラム”おすすめ記事

  • 相続で不動産を売却するときに知っておきたい重要なポイント!の画像

    相続で不動産を売却するときに知っておきたい重要なポイント!

    不動産コラム

  • 不動産売却で訪問査定が重要な理由とは?の画像

    不動産売却で訪問査定が重要な理由とは?

    不動産コラム

  • 横浜が住みたい街ランキングで常に上位にランクインする理由とは??の画像

    横浜が住みたい街ランキングで常に上位にランクインする理由とは??

    不動産コラム

  • 不動産を現金一括購入するときのメリット・費用についてご紹介!の画像

    不動産を現金一括購入するときのメリット・費用についてご紹介!

    不動産コラム

  • パワーカップルとは?ローンの種類やメリットについて解説の画像

    パワーカップルとは?ローンの種類やメリットについて解説

    不動産コラム

  • 不動産売却の流れを、横浜の不動産営業マンがわかりやすく解説します!!の画像

    不動産売却の流れを、横浜の不動産営業マンがわかりやすく解説します!!

    不動産コラム

もっと見る