戸建てとマンションってどれくらいの維持費が必要?の画像

戸建てとマンションってどれくらいの維持費が必要?

不動産コラム

こんにちは!
つるハウス瀬川です!!


住宅を購入する場合、戸建てでもマンションでもその物件を所持するうえでの維持費がかかります。
維持費の内訳はいくつかの種類に分けられますが、戸建てとマンションでは違いはあるのでしょうか。
今回は、戸建てとマンションの維持費、種類や費用を抑える方法についてご紹介します。


▼ 物件情報が見たい方はこちら▼
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



維持費は一戸建てよりもマンションのほうが高い



戸建てを購入してもマンションを購入しても維持費はかかりますが、かかる費用の総額はマンションのほうが高いです。

これは、マンションの場合は購入しても管理組合に対し管理費や大規模修繕のための修繕積立金を支払わなければならないことに由来します。

また、駐車場を借りる場合はその分の費用も加算されるため、戸建てを購入して敷地内に駐車場を儲ける場合よりも維持費が高くなるのです。


一戸建てとマンションに必要な維持費の種類



戸建てやマンションを購入すると、固定資産税と都市計画税といった税金や火災保険などの保険料がかかります。

戸建ての場合は修繕が必要になったときにまとめて修繕費用を支払いますが、マンションの場合は積み立てが必要なため少しずつ出費するのが特徴です。
また、マンションには管理費の支払いもあり、駐車場代がかかる場合もあります。

固定資産税や都市計画税は、購入する不動産の価値によって税額が変動するため物件ごとの計算が必要です。
火災保険の保険料は、被害が大きくなりがちな戸建てのほうが高く、影響を受けにくいマンションのほうが安い傾向にあります。
火災保険は付随する形で地震保険にも加入でき、震災などにも備えられます。


▼ 物件情報が見たい方はこちら▼
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



戸建てやマンションの維持費を抑える方法



戸建ての維持費を抑えるには、修繕の頻度や必要な資材の費用を減らす必要があります。
住宅を建てる際になるべく耐久性の高い資材を用いて、修繕までの期間を引き伸ばせば掛かる費用の節約が可能です。
マンションの場合は、毎月支払う管理費を安く抑える必要があります。

たとえば、共用施設の少ないマンションであればそれらを維持する費用が少なくて済むため管理費も安いです。
また、マンション内の戸数が多ければ一戸あたりにかかる管理費が分散されるため、支払う金額が安く済みます。
築年数が古い場合は管理費が高い傾向にあるため、なるべく新しい物件を選ぶのもポイントです。

▼ 物件情報が見たい方はこちら▼
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ


戸建てとマンションの管理費は、全体で見るとマンションのほうが高いです。
一方で、保険料など細かな部分では戸建てのほうが高い場合もあります。
戸建ての場合は修繕にかかる費用を、マンションの場合は管理費を安くすれば維持費を抑えられるでしょう。

横浜市の売買物件をお探しならつるハウスにお任せください。
賃貸・売買と幅広く対応しており、お客様に寄り添ったご提案をお約束いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

▼ つるハウスの物件情報 ▼



”不動産コラム”おすすめ記事

  • 相続で不動産を売却するときに知っておきたい重要なポイント!の画像

    相続で不動産を売却するときに知っておきたい重要なポイント!

    不動産コラム

  • 不動産売却で訪問査定が重要な理由とは?の画像

    不動産売却で訪問査定が重要な理由とは?

    不動産コラム

  • 横浜が住みたい街ランキングで常に上位にランクインする理由とは??の画像

    横浜が住みたい街ランキングで常に上位にランクインする理由とは??

    不動産コラム

  • 不動産を現金一括購入するときのメリット・費用についてご紹介!の画像

    不動産を現金一括購入するときのメリット・費用についてご紹介!

    不動産コラム

  • パワーカップルとは?ローンの種類やメリットについて解説の画像

    パワーカップルとは?ローンの種類やメリットについて解説

    不動産コラム

  • 不動産売却の流れを、横浜の不動産営業マンがわかりやすく解説します!!の画像

    不動産売却の流れを、横浜の不動産営業マンがわかりやすく解説します!!

    不動産コラム

もっと見る